心に迷いなき時は人を咎めず

最近、周りの友人達の態度というか振る舞いというか・・・そういうのに心惑わされることが重なって。

原因とか理由が分からないからどうしたらいいのか分からなくて。

凹んで、泣いて、頭の中ぐるぐるぐるぐるしてたんだけど、昨日ブッダと「その時歴史が動いた」の上杉謙信の回をYoutubeで観て目を覚まされました。

上杉家家訓十六カ条のひとつがタイトルのお言葉です。


最近のあれこれに、つい相手を責めてしまう気持ちばかり抱いてしまったけど、自分自身に迷いがなければ、相手を咎める気持ちも抱かないんだろうと思わされました。

完全にスッキリはしないけど、分からない相手に迷わされるのではなく、自分がしっかりしたいと思いました。


『上杉家家訓十六カ条』





直江兼続と上杉家家訓十六箇条
晋遊舎

ユーザレビュー:
家訓家訓というものを ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック